短期間でぽっこりお腹を減らすための考え方

短期間でぽっこりお腹を減らすための考え方

ぽっこりお腹はできるだけケアしたいもの。そこでズバリぽっこりお腹を減らすためのポイントのご紹介です。短期間にぽっこりお腹ケアを考えている人は、辛いこともちょっとだけ頑張る必要がありそうです。あくまでも短期間で落としていくための方法の考え方をご紹介しましょう。

 

食事に関する考え方

ぽっこりお腹は食事と燃やす力とのアンバランスが大きな原因です。どちらも改善することが大切ですが、まず食事に問題があるか考えてみましょう。食事の質、食事の食べ方、食事の量の3つを徹底的にチェックしましょう。まず食事の質は肉中心にせず、脂肪の摂り過ぎ、炭水化物の摂り過ぎに注意し、野菜を多くとるようにします。

 

食べ方はできるだけ良く噛むこと、そして血糖値を高めないように野菜、きのこ、海藻、タンパク質、炭水化物の順に意識してゆっくり食べることも実行しましょう。食事の量は自分の年齢にあった必要摂取量まで落とすようにします。この3つを徹底的にチェックすることが大切です。

 

運動に関する考え方

運動の量も考える必要があります。今の動きにプラスすることが大切ですが、運動と食事は特に続けることが大切です。どうしても運動が嫌いな人は、あまり過激な運動は続きません。また過激な運動は必要ないのでウオーキング、スクワット、ヨガ、ストレッチなどをプラスしてもいいでしょう。しかし1日30分は行うように努力をしたいものです。短期間にぽっこりお腹の脂肪を落とすなら、ちょっと頑張って最低30分の運動をプラスしましょう。

 

その他のサポートを考える

運動と食事を基本的にしっかり考えた上で、ぽっこりお腹の減少のサポートとして期待されているラクトフェリンなどのサプリをプラスしてみるのもおすすめです。また他にも漢方薬によるお手伝いなども考えてみるのもいいかもしれません。プラスαの力を上手に利用してみましょう。

 

毎日の生活リズムを考える

就寝時間を一定にし、食事や排便、睡眠などのタイミングを一定にする努力をします。生活のリズムを正しくすることで食事や運動もきちんと行えるようになり、もちろん体の燃やす力の向上にも大きく影響するため、ぽっこりお腹を低下させ付きにくくしてくれるでしょう。

 

 

下腹ぽっこりを凹ませる