下腹ぽっこりをぺっこりに!引き締め効果と解消法

女性のぽっこりお腹の原因を知ることから

特に40歳を過ぎると、中年ならではのぽっこりお腹の原因が幾つも重なっている場合もあります。ぽっこりお腹を減らすためにも、さまざまな原因を考えてみましょう。

 

腸の回りにつく脂肪

中高年になると主に腸管の回りに脂肪がべったり付きだしてくる人も多くなります。年齢とともに燃やす力が弱くなり、食べる量と燃やす量のバランスが悪くなると、特に今までと違う生活をしていなくても栄養分が余って脂肪となっていきます。適度な運動はもちろんのこと食事の見直しも必要となるでしょう。また内臓脂肪低減のためのサポートが確認されている、ラクトフェリンの応援をプラスしてみるのもおすすめです。

 

セルライト皮下脂肪

女性の場合、腸の回りなどに付く脂肪の他に、皮下脂肪も付きやすくなります。体温が低い人も多く、内臓を守るためにもお腹の回りに皮下脂肪が付きやすいとも言われているのです。体を温めるためにも、お腹の回りは特に腹巻きなどを使って冷やさないようにしましょう。

 

腹筋の力の弱さ

女性は比較的腹筋の力が弱いため、脂肪が付くとぽっこりお腹になりやすく、だんだん出っ張ってくるようになることも。特に女性は腹筋を鍛えるストレッチやスクワットなどを行うことも考えてみましょう。

 

毎日のすっきりも

毎日のすっきりに悩みを持っている女性も多いようですが、ぽっこりお腹のためにも改善していきたいものです。食物繊維を多く摂ったり、乳酸菌、ラクトフェリンなどのお手伝いなどを考えてみるのも一つではないでしょうか。当然適度な運動なども見直していくことも大切になります。

 

骨盤の歪み

骨盤の歪みもぽっこりお腹に影響があると言われています。特に出産経験がある女性は、骨盤の歪みがある人もいるようです。毎日の姿勢なども影響してるとも言われていますが、気になった場合は骨盤体操などを行ってみるのもおすすめです。また骨盤の歪みが起こらないようなクッションやガードルなどのグッズを上手に利用してもいいかも知れません。

 

女性ならではの要因も考えよう

このように女性のぽっこりお腹は、女性ならではの要因が幾つも重なっていることもあります。さまざまな可能性から、自分の毎日を振り返ってみることも大切です。原因を少しでも知って無理せず、しかし確実に意識をしていくことがぽっこりお腹を減らすことにつながるのではないでしょうか。

下腹ぽっこりを凹ませる