下腹ぽっこりをぺっこりに!引き締め効果と解消法

ぽっこりお腹を凹ます腹筋体操

ぽっこりお腹の解消を目的としたストレッチ運動のご紹介です。特に女性の場合はぽっこりお腹と同時に下腹もぽっこりなんてことも多いのではないでしょうか。そんな女性にお勧めのストレッチです。

 

ぽっこりお腹を減らすためのポイント

腹筋はとても重要です。ぽっこりお腹は腹筋にこだわらずに全身運動でも減らすことができます。しかし皮下脂肪が付いている場合も多く、そのためにも腹筋を鍛えることもおすすめです。腹筋を鍛えることでインナーマッスルも鍛えられ、それによって燃やす力の向上にもなるでしょう。

 

ぽっこりお腹を減らすストレッチ(1)

うつぶせになり、肘を90度に折って手首から肘までを床につけます。つまり肘で上半身を支えるという感じです。肘の幅は肩幅と同じにし、顔は床と平行にしておきます。足を左右軽くそろえてそのまま伸し、つま先を床に付けて立てておきます。頭、背中、お尻、カカトと一直線になるようにしましょう。お尻を突き出さないように一直線になるようにしますが、このとき腹部に力が入ります。

 

最初は10秒キープからスタートし、慣れてくると15秒〜30秒までキープできるようになっていくでしょう。このとき腹式呼吸ができるようにしていきましょう。慣れるまでは深く大きく息を吸って、ゆっくり吐くという意識だけでOKです。慣れてきたらきちんと腹式呼吸を行うと、より結果に期待ができるようになるでしょう。

 

ぽっこりお腹を減らすストレッチ(2)

次は四つん這いになります。腕は伸し、手首で体を支えます。膝は90度に曲げておきましょう。顔を床と平行にしておきます。この姿勢を基本とし次に進みます。右手を肩の高さに上げて、まっすぐ前に伸しましょう。左手だけで体を支えます。そして次にそのまま左足腰の高さまで膝を伸して持ち上げます。

 

右腕、頭、腰、左足が一直線になるように行いましょう。こちらは10秒キープしたらゆっくり戻して反対も行います。左右3回は行いますが、だんだんバランスが取りにくくなり、お腹に力が集中してくるようになります。これができるようになったら、ストレッチ(1)の姿勢でも(2)と同じように手と足を上げるポーズをしてみましょう。これは慣れてからでないとなかなか難しいと思います。

 

腿の裏を伸すストレッチ

足を伸して床に座ります。片方の足だけ正座のように折り込みましょう。腕はうしろで上半身を支えますが、上半身は後に倒れぎみとなります。左右20秒ずつ行います。テレビを見ながらでも行えます。腿の裏を鍛えることは、ぽっこりお腹と関係が深いので同時に鍛えるようにしましょう。

下腹ぽっこりを凹ませる