ぽっこりお腹のための燃焼レシピ

ぽっこりお腹のための燃焼レシピ

ぽっこりお腹を減らすためには、燃やす力を高めることがとても重要だと言われています。そこで燃やす力について考えてみましょう。また燃やす力を高めるレシピのご紹介もしたいと思います。

 

燃やす力の大切さ

加齢によって燃やす力が低下しますが、燃やす力が低下すると体温も低くなります。体温が一度上昇すると基礎代謝も12〜13%も増加すると言われており、逆に体温が一度下がればそれだけ基礎代謝低下となるのです。燃やす力の低下原因はもちろん加齢だけでなく、クーラーなどによる室温の調整不良や薄着などにも関係しています。また運動不足や筋肉不足も血行が良くならず冷えてしまうことも。

 

そして食べ物では冷たいもの、体を冷やす成分などを摂り過ぎない注意も必要です。そのため生野菜や果物の食べ過ぎは体を冷やすので注意が必要です。そして栄養不足も燃える力は低下するので、バランスのよい食事を必要量摂取し、その上で燃えやすい食べものをしっかり摂取するといいしょう。

 

燃やす力を高める炒めもの

筋肉を付けることを考え、脂肪の少ないタンパク質として鶏の胸肉を使いましょう。また燃やす力を高めるためにショウガと日本ネギをたっぷり使います。鶏の胸肉はフライパンで少量の酒とヒタヒタの水で蒸し焼きにして、でき上がったら縦に細かく裂いておきます。

 

ショウガと日本ネギを鶏肉と大体同量、マッチ棒程度の長さに細く切っておきましょう。胡麻油の強火でサーッと炒め、そこに鶏肉を入れ、塩コショウで味を調え片栗粉でとろみを付けます。最後にレモン汁をさっと振りかけると味がしまり、夏でもさっぱりさわやかな鶏のショウガ炒めができます。

 

白菜と豚肉のスープ

寒い冬でも、暑い夏でも美味しく食べられるスープです。豚肉を細く切ります。白菜もわりと細目に切って、煮込むだけ。そこにショウガもたっぷり入れて一緒に煮込みましょう。3つの素材の香りが美味しさを誘います。

 

あとはブイヨンを入れて出来上がり。豚肉は脂肪を燃やすサポートをするビタミンB群も豊富。白菜とショウガは体を温める野菜としても代表的です。食べるときに七味や一味トンガラシをかけると、より燃える力が高まります。

 

ネギとショウガの豚肉まき

ネギとショウガを細く切り、豚肉の薄切りで巻きます。それをフライパンで焼くだけ。よく焼いたら、つけ汁として胡麻油、醤油、お酢、胡麻を同量入れて出来上がりです。胡麻のゴマリグナンは肝臓で脂肪分解のサポートをすると言われており、ゴマたっぷりの付け汁はおすすめです。また一味などを入れれば、カプサイシンが燃やす力を高めるサポートをしてくれるでしょう。

 

 

下腹ぽっこりを凹ませる