ぽっこりお腹には二度と戻らない

ぽっこりお腹には二度と戻らない

ぽっこりお腹に気が付いたら、できるだけ毎日の元気のためにも減量することを考えたいもの。しかしせっかく減量したからには二度と付けないようにしたものです。そのためにもどのような努力をしたらいいのでしょう。

 

ぽっこりお腹に付く脂肪

ぽっこりお腹に付く脂肪は皮下脂肪より内臓脂肪が疑われます。内臓脂肪は皮下脂肪より付きやすく落ちやすいと言われているため、落とすことだけではなく今後付けないことも重要です。これからの元気のためにも、ぽっこりお腹は二度と付けたくありません。

 

気の緩みに注意

一度ぽっちゃりお腹を減量した人は、食事も運動も今まで行ってきた努力を、今後も日常として続けていきたいものです。ぽっちゃりお腹が少し減量できてくるとつい気が緩み、また同じような失敗をしてしまうことも。

 

「少しぐらいなら暴飲暴食もいいだろう」、「少しぐらいなら運動しなくてもいいだろう」という気の緩みが、またすぐにぽっこりお腹に逆戻りさせてしまいます。そんな気の緩みこそ注意が必要なのです。そして今より食生活や運動など、よりバージョンアップをしてみてはいかがでしょう。

 

運動と食事をバージョンアップ

運動は運動量を単に増やすということではなく、内容的に無理をせず楽しむような時間を増やしていきたいものです。食事も必要摂取カロリーを目標とし、栄養のバランスを考えることが大切です。例えば老化によって、お腹の中の善玉菌なども減ってくると言われています。そのために乳酸菌の豊富なヨーグルトなどを加えるなど、今後の元気のためにも食事の質を高めることも大切ではないでしょうか。

 

サプリもプラスしてバージョンアップ

ぽっこりお腹を低減するときも、サプリのお手伝いを上手に利用した人もいると思います。その場合はぽっこりお腹が低減してからも、続けてサプリのお手伝いを利用してもいいのではないでしょうか。例えばぽっこりお腹低減のサポートとして、ラクトフェリンサプリもおすすめのサプリです。

 

他にも燃やす力を高めるサポートとして、ローヤルゼリーや黒酢なども人気があります。このように毎日の元気のお手伝いをしてくれるサプリを上手に利用し続けることも、お腹に脂肪をつきにくくするためにおすすめです。

 

 

下腹ぽっこりを凹ませる