お尻歩きでぽっこりお腹を解消

お尻歩きでぽっこりお腹を解消

毎日の運動はぽっこりお腹を減らすには不可欠ですが、運動が嫌いな人や膝が弱い人、腰の弱い人などは毎日の運動もしたくないのが現実。そこで、毎日5分のお尻歩きならこのような人にもおすすめです。ではお尻歩きの方法や、どのようなことが期待できるのかご紹介したいと思います。

 

お尻歩きの方法

お尻歩きはとても簡単です。床に足を伸して座り、お尻を左右交互に前へと進んでいくだけです。言葉のままお尻で歩くというもので、手は前に伸しておくとやりやすくなります。長時間するものではなく大体理想は5分と言われています。

 

室内でマイペースにできる

お尻歩きは部屋の中で行えるので紫外線などの心配もなく、家で誰にも知られずにできるということも魅力の一つではないでしょうか。またウオーキングなど軽い運動であっても腰や膝に負担を感じる人もいます。しかしお尻歩きなら負担が少ないので安心して行えます。もちろん自分のペースで行うこともでき、時間的にも5分なら続けやすいのではないでしょうか。

 

骨盤の歪みにも良い影響が

そして特に女性に多い骨盤の歪みにも良い影響があり、腰の痛みが軽くなることもあります。それによってお腹の筋肉と腰の回りの筋肉を使うので、お尻の回りも引き締まりヒップアップ効果も期待できるのでしょうか。

 

インナーマッスルを鍛える

またインナーマッスルを鍛えることができるので、燃やす力も向上にも大いにおすすめの運動なのです。また、インナーマッスルを鍛えると血行が良くなり、体全体の体温が高まることにもつながり、それによって基礎代謝のアップも期待できるのではないでしょうか。

 

そして毎日のお腹すっきりに悩みを持っている女性も多いと言われています。お尻歩き運動は腹筋を鍛えるだけでなく腸に適度な刺激も与えてくれます。お腹の中の動きが活発になると、気持の良いすっきりした毎日を送ることにもつながるのではないでしょうか。

 

お尻歩きしたら

お尻歩きをしたら、ついでにゴロンゴロン体操も一緒にしてみましょう。ゴロンゴロン体操とは床に仰向けになって、手は上に伸しておきます。そのままゆっくりゴロンゴロンと芋虫のように右へ左へと4〜5回ころがってみましょう。ゆっくりでいいのでゴロンゴロンと転がることで、これも腹筋を使いお腹の中を動かすための動となります。毎日のすっきりのためにもお尻歩きとともに毎日行ってみてはいかがでしょう。

下腹ぽっこりを凹ませる