下腹ぽっこりをぺっこりに!引き締め効果と解消法

最近急にぽっこりお腹が気になりだした

今までお腹はペッタンコだったのに、最近急にお腹がぽっこりしてきたということはないでしょうか。特に40歳を過ぎのぽっこりお腹は、腸管にいらない脂肪が溜まったのかも。そんなときにはどうしたらいいのでしょう。

 

下腹ぽっこりならこちら

 

中年からのぽっこりお腹

中年からのぽっこりお腹は、放っておくと元気な毎日を送るためにもおすすめできません。中年になると食べた量と燃える量のバランスが悪くなり、腸管の回りに溜まってしまうと言われています。食事が増えてきたのか燃える量が減ってきたのか、どちらが自分に当てはまるでしょう。
もちろん両方の可能性もありますが、まず食事が多くないか運動不足でないか見直してみることが大切です。また最近毎日のすっきりが、なかなか感じられないことはないでしょうか。お腹の中の状態が悪いと毎日のすっきりが得られず、ますますぽっこりお腹は悪化するばかりになってしまいます。

 

ぽっこりお腹を減少させたい

ぽっこりお腹を減らすために、まず食事を考えてみましょう。暴飲暴食は当然厳禁です。そして毎日のカロリー摂取量を落し、脂肪分や炭水化物、糖分などは減らすようにしましょう。まったく摂らないという過激なことは必要ありません。しかし全体に量をコントロールしながら、栄養のバランスのとれた食事に変えていくことは大切です。

 

運動不足解消

運動不足解消

運動不足だと感じる人は適度な運動を行うようにしましょう。毎日の散歩からでもOKです。毎朝のラジオ体操から始めてもいいのです。例えば朝はラジオ体操、夕方に軽く20分程度のウオーキングなどおすすめ。またヨガやストレッチ、スクワットなど家の中で毎日15分程度以上行うのもOKです。

 

ラクトフェリンでぽっこりお腹減量のサポート

ラクトフェリンはぽっこりお腹減量のサポートとして知られています。ラクトフェリンは哺乳類の母乳に沢山含まれている成分ですが、赤ちゃんをいろいろなものから守るサポート成分として世界中で研究されています。

 

そんな研究の中、ライオンによってラクトフェリンが内臓脂肪低減をサポートすることが発見されたのです。臨床試験では1日300mg8週間摂取したところ、内臓脂肪面積が平均12.8?も低減、BMIも平均0.9s/uの低減が認められたのです。この結果はポッコリお腹に悩んでいる人には朗報となりました。また毎日のお腹すっきりのサポートとしても期待されているラクトフェリンを取り入れてもいいのではないでしょうか。

 

下腹ぽっこりならライオンラクトフェリン

 

ぽっこりお腹を減らすポイント

 

ぽっこりお腹を減らすためのポイントは、一つのことにこだわらず、いろいろな方向から少しずつ努力することではないでしょうか。食事、運動、サポート成分などちょっとずつ、あまり焦らず、でも確実にぽっこりお腹を減少させる努力をしていくことが、これから長く元気で楽しく生きるためにも大切なポイントになるのでしょう。